MS&AD基礎研究所株式会社

情報誌

トップ > 情報誌 > 『MS&AD基礎研REVIEW』第12号

MS&AD基礎研REVIEW

「MS&AD基礎研REVIEW」は、研究者・実務家の執筆による「社会・経済」「金融・保険」「自動車・医療・介護」および「リスクマネジメント」をテーマにした情報誌で、年2回発行しています。

 第12号では、特別寄稿として医療経済学の専門家である東京医科歯科大学大学院教授 川渕孝一氏と東京学芸大学准教授 伊藤由希子氏の共著による「特定検診・保健指導で医療費は削減できるか -求められるACGによる疾病管理 -」を掲載しております。

 また、次世代自動車の交通システムとして活発に議論されているITSについて「ITSをめぐる最近の動向」を国交省 宮政行氏が執筆、再保険に関連する保険リンク証券について「保険市場と資本市場の融合」をガイ カーペンター株式会社 勝山正昭氏が執筆いたしました。

 さらに、インターリスク総研 本田茂樹氏による「超高齢社会における地域医療について -被災地の医療体制とICTの観点から -」では、地域医療について情報通信技術の観点から検証するなど幅広い研究分野のテーマを扱っています。

バックナンバー

『MS&AD基礎研REVIEW』第12号

- 特別寄稿 -

特定検診・保健指導で医療費は削減できるか -求められるACGによる疾病管理 -

東京医科歯科大学大学院 医療経済学分野教授 川渕 孝一

東京学芸大学 人文社会科学系経済学分野准教授 伊藤 由希子

 

【自動車・医療・介護】

ITSをめぐる最近の動向

国土交通省 道路局 道路交通管理課高度道路交通システム推進室 企画調整係長 宮 政行

オランダの医療保険<後編>

MS&AD基礎研究所株式会社 須藤 康夫

 

【金融・保険】

保険市場と資本市場の融合 -保険リンク証券のもたらす社会的意義-

ガイ カーペンター株式会社 マネージング ディレクター 勝山 正昭

 

【リスクマネジメント】

超高齢社会における地域医療について -被災地の医療体制とICTの観点から-

株式会社インターリスク総研 取締役研究開発部長 本田 茂樹

ISO31000を使い、COSOのERM、内部統制、検査マニュアルのIRMを実践する

 -エンタープライズ・リスクマネジメントの展開-

MS&AD基礎研究所株式会社 後藤 和廣

ご希望の方は下記までFAXください

FAX注文書エクセル版ダウンロード
FAX注文書PDF版ダウンロード

 



 
ページの先頭へ