MS&AD基礎研究所株式会社

情報誌

トップ > 情報誌 > 『MS&AD基礎研REVIEW』第11号

MS&AD基礎研REVIEW

「MS&AD基礎研REVIEW」は、研究者・実務家の執筆による「社会・経済」「金融・保険」「自動車・医療・介護」および「リスクマネジメント」をテーマにした情報誌で、年2回発行しています。

 第11号では、特別寄稿としてあいおいニッセイ同和損保 社長 鈴木久仁氏が東日本大震災後、日本各地で講演された内容を編集し、震災における損保業界の対応について掲載しております。

 また、現在各界で論議されている「税と社会保障」の問題を中心に、一橋大学経済研究所 小黒准教授による「『超』高齢化社会における財政・社会保障の再生プラン」を掲載し、同教授が論文の中で紹介する健保制度に民間保険会社を活用して効率性を求めた「オランダの医療保険」の概要を翻訳・掲載いたしました。

 さらに、東京慈恵会医科大学 小川主任教授による「救急医療の現状と問題点」、インターリスク総研 齋藤研究員による「医療の現場における安全文化の考え方のあり方」など、今日の医療について幅広い研究分野のテーマを扱っています。

バックナンバー

『MS&AD基礎研REVIEW』第11号

-特別寄稿-

東日本大震災における損保業界と弊社の対応について

あいおいニッセイ同和損害保険株式会社 代表取締役社長 鈴木 久仁

 

【金融・保険】

「製販分離」による保険業の新たなビジネス・モデル

山口大学 経済学部教授 石田 成則

 

【社会・経済】

「超」高齢化社会における財政・社会保障の再生プラン

-財政の持続可能性と世代間公平の同時達成に向けて-

一橋大学 経済研究所 准教授 小黒 一正

 

【自動車・医療・介護】

救急医療の現状と問題点

東京慈恵会医科大学救急医学講座 主任教授 小川 武希

オランダの医療保険<前編>

MS&AD基礎研究所株式会社 須藤 康夫

 

【リスクマネジメント】

日本版証券クラスアクションの検討課題

NERAエコノミックコンサルティング ヴァイスプレジデント 池谷 誠

医療の現場における安全文化の考え方のあり方

株式会社インターリスク総研 研究開発部 事業開発チーム 研究員 齋藤 顕是

ご希望の方は下記までFAXください

FAX注文書エクセル版ダウンロード
FAX注文書PDF版ダウンロード

 



 
ページの先頭へ