MS&AD基礎研究所株式会社

情報誌

トップ > 情報誌 > MS&AD基礎研REVIEW 第16号

MS&AD基礎研REVIEW

「MS&AD基礎研REVIEW」は、研究者・実務家の執筆による「自動車・医療・介護」「金融・保険」「社会・経済」および「リスクマネジメント」をテーマにした情報誌で、年2回発行しています。

 第16号では、自動車・医療・介護分野として、海外でグローバルに活躍する MRG Associates の森永知美氏とMS&AD基礎研究所との共著による「日米高齢運転者対策の現状について」を掲載し、わが国でも問題となりつつある高齢運転者の事故対策について、米国の現状と事故防止に向けた取組みについてレポートしています。

 また、社会・経済分野では、警察大学校警察政策研究センター教授 樋口晴彦氏が「組織不祥事に関する最近の研究状況」を執筆し、名古屋大学名誉教授・弁護士の加藤雅信氏が「自由市場を破壊する債権法改正」と題し、今回の債権法改正の要点について分かり易く論じています。

 リスクマネジメント分野では、順天堂大学大学院医学研究科 坪内暁子氏が、避難時の集団生活の中で起こり得る感染症等二次災害を抑制することを目的とした「災害被害の低減を目指した教育」を執筆し、インターリスク総研 早川正希氏が、自然災害のサプライチェーンに与える影響について執筆するなど幅広い研究分野のテーマを扱っています。

バックナンバー

MS&AD基礎研REVIEW 第16号

【自動車・医療・介護】

日米高齢運転者対策の現状について

MRG Associates, Inc. 代表取締役社長 森永知美

 

【金融・保険】

いま、求められる要介護高齢者の防災対策 

-「津波てんでんこ」の実践に向けて-

MS&AD基礎研究所株式会社 須藤康夫

 

【社会・経済】

組織不祥事に関する最近の研究状況

警察大学校警察政策研究センター 教授 樋口晴彦

 

自由市場(「合意による契約」)を破壊する債権法改正

-民法典は、国民のものか法務省のものか-

名古屋大学名誉教授 名古屋学院大学 教授・弁護士 加藤雅信

 

【リスクマネジメント】

災害被害の低減を目指した教育:リスクマネジメントの基礎知識と

シミュレーション演習を通して獲得する応用力と自主性

順天堂大学大学院医学研究科 助教  台北医学大学医学系 客員教授 坪内暁子

 

サプライチェーンの脆弱性と対策

-調達のポートフォリオ分析の重要性-

株式会社インターリスク総研 総合企画部 市場創生チーム 

マネジャー上席コンサルタント 早川正希

ご希望の方は下記までFAXください

FAX注文書エクセル版ダウンロード
FAX注文書PDF版ダウンロード

 



 
ページの先頭へ