MS&AD基礎研究所株式会社

情報誌

トップ > 情報誌 > MS&AD基礎研REVIEW 第19号

MS&AD基礎研REVIEW

MS&AD基礎研REVEIWは、研究者・実務家の執筆による保険・金融事業および関連分野をテーマとした情報誌で毎年度発行しています。(2017年度からは「MS&AD リサーチ アイ」としてリニューアル)

第19号では、「人工知能の現状と展望、その法律問題、パリ協定が変えるビジネスと金融、ふるさと納税による地域活性化、および米国医療の最近の動き」の多様な分野の第一線の5人の研究者方に執筆いただきました。

バックナンバー

MS&AD基礎研REVIEW 第19号

一括ダウンロード <PDF 6MB>

 

人工知能の現状と展望:言語理解を中心として <PDF 1.814KB>

国立研究開発法人産業技術総合研究所 人工知能研究センター センター長  辻井 潤一

 

AIの法律問題とその解決策の方向性について   <PDF 1.753KB>

弁護士(日本国及び米国ミシガン州)・弁理士 芝綜合法律事務所 牧野 和夫

 

パリ協定が変えるビジネスと金融の在り方  <PDF 1.963KB >

国連環境計画金融イニシアチブ 特別顧問(アジア太平洋地区) 末吉 竹二郎

 

ふるさと納税による地域活性化の可能性と課題 <PDF 1.891KB>

~地域の事業者が力をつけるきっかけになれるか~

神戸大学経営学研究科 准教授 保田 隆明

 

米国医療の最近の動き:南部と西部の比較も行いながら <PDF 1.871KB>

多摩大学 教授 真野 俊樹

ご希望の方は下記までFAXください

FAX注文書エクセル版ダウンロード
FAX注文書PDF版ダウンロード

 



 
ページの先頭へ