MS&AD基礎研究所株式会社

情報誌

トップ > 情報誌 > MS&AD基礎研REVIEW 第18号

MS&AD基礎研REVIEW

MS&AD基礎研REVIEWは、研究者・実務家の執筆による「自動車・医療・介護」「金融・保険」および「リスクマネジメント」をテーマとした情報誌で、年2回をめどに発行しています。

第18号の自動車・医療・介護分野では、弁護士 大西達夫氏が「再生医療をめぐる新たな法制度と法律上の問題について」、森永知美氏が「米国の高齢者事情と在宅での終身継続介護を可能とするCCaH」を執筆し、「高齢者の生活ニーズに関する調査について」では、弊社による高齢者ニーズの調査結果を報告しています。

金融・保険分野では、弁護士 稲田行祐氏 ならびに大平修司氏が「保険会社の破綻手続等の概要」を判り易く論じ、また、弊社吉田研究員による「中堅中小製造業の海外進出は国内を空洞化させるか」では、近年の産業空洞化問題について記述しています。

リスクマネジメント分野では、インターリスク総研 寺田祐氏が「水素社会実現への動向 ~その意義と課題~」において、政府および産業界の水素社会実現に向けた取組みについて執筆するなど 幅広い研究分野のテーマを扱っています。

バックナンバー

MS&AD基礎研REVIEW 第18号

【自動車・医療・介護】

再生医療をめぐる新たな法制度と法律上の問題について

MLIP経営法律事務所 弁護士・弁理士 大西 達夫

 

米国の高齢者事情と在宅での終身継続介護を可能とするCCaH

MRG Associates, Inc.  代表取締役社長 森永 知美

 

高齢者の生活ニーズに関する調査について

MS&AD基礎研究所株式会社 調査研究グループ 高齢者ニーズ調査担当

 

【金融・保険】

保険会社の破綻手続等の概要

弁護士法人中央総合法律事務所 弁護士 稲田 行祐  弁護士 大平 修司

 

中堅中小製造業の海外進出は国内を「空洞化」させるか

MS&AD基礎研究所株式会社 上席研究員 吉田 隆

 

【リスクマネジメント】

水素社会実現への動向 ~その意義と課題~

株式会社インターリスク総研 事業リスクマネジメント部 環境グループ 上席コンサルタント 寺田 祐

ご希望の方は下記までFAXください

FAX注文書エクセル版ダウンロード
FAX注文書PDF版ダウンロード

 



 
ページの先頭へ