MS&AD基礎研究所株式会社

お知らせ・各種レポート

トップ > お知らせ・各種レポート > MS&AD基礎研ニュース > 後藤和廣主任研究員が「リスクマネジメント―リスクアセスメント技法JIS原案作成委員会」の委員として「JIS Q 31010」規格の作成に参画しました。

後藤和廣主任研究員が「リスクマネジメント―リスクアセスメント技法JIS原案作成委員会」の委員として「JIS Q 31010」規格の作成に参画しました。


種類 :「リスクマネジメント―リスクアセスメント技法JIS原案作成委員会」の委員として規格作成に参画

タイトル:「JIS Q 31010:2012 リスクマネジメント―リスクアセスメント技法」

規格制定・発行 年月日 :2012年4月20日 
 
補足: この規格は、日本工業規格(Japanese Industrial Standards)の1つであり、主務大臣(経済産業大臣)が制定する日本の国家標準の1つです。この規格では、リスクアセスメントの技法について詳細な説明がなされ、附属書で31のツールが紹介されており、実務に役立つ内容となっています。この規格は、リスクマネジメントの規格「JIS Q 31000」でその使用が推奨されており、「JIS Q 31000」の支援規格でもあります。また、国際規格「IEC/ISO 31010」と対応しております。
 

カテゴリ一覧

バックナンバー

お問い合わせ・MAP

メールでのお問い合わせはこちら

 
ページの先頭へ